本文へスキップ

株式会社 武田マネジメントシステムスはCS(顧客満足)向上理論・実践を専門とするコンサルタント会社です。

ごあいさつCONCEPT

会社方針

先進国の【Serviceサービス】とは
= 顧客に求められる前、要求される以前に提供する満足・ 幸せ感醸成のための取組

サービスの理論と実践、CS・CSMは日本でのパイオニアです。約半世紀に亘り、サービス・CS・CSMの理論と実践を追求し続けています。
培ったノウハウを惜しみなくご提供し、『顧客の支持率=業績』を達成する経営をお手伝いするとともに、クレームやトラブルを未然に防ぎ、企業の発展向上に貢献しています。


メッセージ


CEO

未曾有の社会環境・経済環境の激変に直面している。
各企業は必死になって生き残りに力を注いでいる。
「どのようなモノを作れば売れるか」「どのやって売ろうか」の企業第一主義の姿勢でも何とかやってくることができた。同様に右肩上がりの経済成長時は『不(ふ)』の要素を嫌なことという姿勢で忌避してきた。
しかし現在の経済環境下では『不の要素』をないがしろにしたり、無視したりする企業に顧客は目を向けないし何も言わずに黙って去って行く。
つまり二度と購入しない顧客を見えないところで増やし続けることになる。

市場は[普及]→[成長]→[成熟]→[飽和]をたどり、現在の市場は[縮小]し続けている。こんな時だからこそ企業基盤をしっかりとさせる活動を行う必要がある。

考えない子供達(大人も)が増えているが、その場しのぎ、衝動的な行動により、結果を見てから反省している様子がある。

面白くもないのにわざと笑っているTV出演者を見る。自分の親を「お母さん」「お父さん」と「さん」づけにする。料理を評論する人の箸の持ち方がおかしい・・・
TVは喜怒哀楽を心の中にしまい込み、考える力を奪う傾向がある。
推敲しない短い文章によりミス・トラブルを起こし続けているメールやSNS。
パソコンの前に座ってキーボードに触れることを仕事と勘違い。
クレームが手を追って増え続けている背景にある現象面。
さあどうします?どうしていますか?

先ずはサービス。

だがこの特性には、形がない、見えない、保存が利かないなど厄介なことが多い。企業はコモディティ化に直面し、値引き合戦。百害あって一利なし。
一方、コスト品質の追及企業も存在している。コスト品質とは顧客にとっても企業にとっても”値あるコスト”のこと。
本来のコストダウンには「知恵と工夫と技術力」による。だから相変わらず利益を減らし価格競争、値引き合戦=サービスと考えている企業も多い。

見えないところにも目を向け、価値を創造し続けていきたいですね。


会社沿革


 兜桾博梃v店(現・セイコーホールディングス)入社後に小売り部門の銀座・和光勤務。


 10年後同社退社。中小企業の役員ならびに各種プロジェクト
(例えば本田技研工業のN360問題ほか)参加。

事故・事件・クレーム対応、プロジェクト(雪印乳業の食品事故・事件) ほか

 その後、武田商品研究所設立。業務の拡大・多様化により武田マネジメントシステムスに 社名変更。

 「“CS・サービス向上”研究会」主催(月1回の定例会。2016月より37年目経過。)
(※ 常時ご参加歓迎)いよいよ本格的で本質的なCSが成果を上げています。

○ 一般社団法人エチケット・サービス向上協会(ESA)代表理事

○ 企業規模・業種・業態を問わず多数企業の業務受託

バナースペース

 【コラム】
 「〜世の中すべて「人」と「ひと」〜先達から受けた教え」


株式会社
武田マネジメントシステムス

〒215-0036
川崎市麻生区はるひ野5-4-1
アクセスマップ

TEL 044-981-6677
FAX 044-981-6679